2006年09月15日

@えり

[どっと]さんのお二人は、ともに愛知大学法学部の学生さんですが、三好と名古屋の校舎に通っています。豊橋校舎で経済学部と文学部に学び、地域のまちづくりに取り組んでいる、「だがしろう」の皆さんとの交流会を、地域の方が計画。持ち寄り夕食会は徹夜で話しあうお楽しみつきでした。


 昨日の夕食はとても楽しかったです。正直「だがしろう」の人が集まるところに私が行くことで雰囲気を壊さないかなぁと心配していたのですが、仲良くなってお話もたくさん出来ました。料理はどれもおいしかったです。特に大根や豆腐のサラダは初めての味でとても気に入りました。たくさん食べた気がするのですが、朝起きても胃が疲れていませんでした。野菜を多く使った優しい料理のおかげです。初の豊橋校舎の知り合いも出来たので嬉しいです。誘って下さってどうもありがとうございました。
 委員会の傍聴には私を含めて3人しか来ておらず、少ないなぁと思いました。しかし、お昼休憩のときに則子議員が「傍聴人が3人もいたら議員は張り切っちゃう」とおっしゃっていたのは私にとっては新発見でした。「傍聴に行ったからってどうなる訳ではないし任せておけばいいや」と市民は思いがちです。入りづらいからと傍聴に行くこともほとんどしません。しかしそれは議員を野放しにし、政治を独り歩きさせる事になるのではないかと思いました。市民が傍聴に行けば議員さんたちのやる気が上がってそれが政治に反映されるかも知れません。私たちはもっと傍聴に行って"私たちが政治を見ているんだよ"という事を示さなければいけないと思いました。
 でも議会は身近な感じがしないのも事実です。それはなぜかと考えたのですが、いつ何についての会議を進めているのかという情報があまり出回っていないのではないでしょうか。「議会だより」は私も自分の市のものを読んだりしましたが、質問や結果が載せられているだけで「そんなことがあったのか」程度で終わってしまいます。議題を自分たちの市の問題として捉える間もなく、結果だけが報告され、知らないところで政治は動いているという印象を受けてしまいます。やはり私たちは政治のことはよく分からないという感じになってしまいます。今の若者の政治離れもちゃんとした情報が不足している事も原因の一つだと思いました。おはなし会のビラではないですが、ああいった軽い感じの予定カレンダーみたいなものを、市が作って、公共施設に置いたりは出来ないのかなぁと思いました。実際、そのビラを何人の人が手にとってくれ、傍聴に来てくれるかという事と、出費のバランスを考えたら不可能なのが「現実」かもしれません(´-`)
posted by ドットさん | コメント(0) | トラックバック(0) | 1期生

@あきら

昨日からの徹夜、めったにないことだったので楽しかったです。いろんな話が聞けて大変参考になった。
東海道線で帰るとき岡崎ぐらいまでの記憶しかなく気付いたら名古屋だった。危うく大垣までいくところだった。
posted by ドットさん | コメント(0) | トラックバック(0) | 1期生

2006年09月11日

@あきら

今日は何故か同じ方(小山晃一氏)と市役所の中でも別のところで何度も偶然に出会したとが印象にのこった。さすがにあれだけ会えば名前と顔を完全に覚えました。こんなこともあるもんだなぁと思いました。インターン中は何かと人に会うことが多く、そのなかには何かの縁による出会いが普段の生活とは比べようもないくらい多いような気がします。一期一会を大切にしようと改めて思いました。
posted by ドットさん | コメント(0) | トラックバック(0) | 1期生

2006年09月06日

@えり

議会を傍聴したのは初めてです。8月1日に議場を見学した時は、写真を撮っても実感がわかなかったのですが、人でにぎわっているのを見てやっと全体の感じがつかめました。やっぱりすごいっ!!議会が始まったばかりの時は、傍聴席には私たちの他に二人のおじさんしか来ていなくて寂しいものでした。11時半ごろになると牧野さんを筆頭に則子議員のお仲間の方がたくさんいらしたので嬉しくなりました。たけのこ会のお母さんまで見えていたので"とよはし市民会議"は市民密着型で、この名前がぴったりだと思いました。
 傍聴していて不快に思ったのは、おそらく大きな党に所属されているであろう議員さんたちの態度です。仲間の登壇時には派手な拍手をするのに、そうでない時にはそっぽを向いてしらけた態度をとっていました。議員間の壁を感じ残念に思いました。党派の対立はテレビでもよく放送していますが見ているこっちが辛いです。以前、国会の強行採決の様子が流されていましたが、それを見た私は、政治家ってもっと頭のある人でないの??こんな穏やかでない人が平和主義を守っていけるのかと思いました。政治家として意見や方針上の対立があるのは普通ですが、それを人への当たり方という歪んだ形で表されると、あのような人間が満足な街づくりを出来るのだろうかと思ってしまいます。人しての関係はもっとちゃんとしてほしいと思いましたが、やっぱりそんな簡単にはいかないですよね…(^_^;)
則子議員の質問はハキハキしていたので聴きやすかったです。渡された資料も質問の箇条書きだけで終らず、肉付けがされていたので何のことを言っているのかがわかりやすく、質問を集中して聴けたところが良かったです。
posted by ドットさん | コメント(0) | トラックバック(0) | 1期生

2006年09月05日

@あきら

今日の一般質問、あまりに退屈で、午後に入ってすぐ猛烈な睡魔におそわれて、あやうく意識がとびそうになった。一方、議員やその他職員は自分がみた範囲では居眠りしているようには見えなかったので感心した。やっぱりカメラを意識しているのだろうか?この視聴率はどれくらいだろう?委員会の方がまだおもしろみがあったような気がする。
posted by ドットさん | コメント(0) | トラックバック(0) | 1期生

2006年08月30日

@えり

先ほどは三人揃っての見送りありがとうございました。暖かいお心遣いのおかげで、いつもおみやげを持たせてもらったような気分になります。
午前中は牧野さん洋子さん曰く、「忙しさの前の静けさ」を味わい、午後は封筒にひたすらラベル貼り…。今日の収穫は印刷機の使い方を覚えたこと、牧野さんにねだってイチゴコーンを4人で食べたこと、でしょうか??ごちそうさまです(=∩_∩=)
収穫といえば昨日、市長さんにお会い出来たのは大きかったですね(>∀<)一緒の写真まで撮って頂いて。今になって考えてみたら、市民だってこんなことありえないのに。神様仏様感謝かんしゃです。
課をまわって印象に残ったことがありました。健康について学ぶ教室を開けばみんなが体に関心を持って、学んだことを実践することで数ヶ月後に健康に近づき、それが広まった数年後には統計に現れるほどに生活習慣病が減る、そこまで来ると全体として医療費が少なくて済むようになるから市のプラスにつながる。素晴らしい!!公務員さんが市民にこうなってほしいというビジョンを持ち、数年後を見通して仕事をしているのに感動しました。自分がしている事に対する物凄い熱を感じました。公務員とはこうあるべきなのだろうなぁ。どうしたらこのようなエキスパートになれるのだろう?と感心する反面、いやその前に未熟過ぎて私に公務員は務まらんかも…とショックを受けましたι(-д-)これから勉強していこうという、良い刺激にしていきたいと思います。
では行政書士の勉強頑張ります。
posted by ドットさん | コメント(0) | トラックバック(0) | 1期生

2006年08月29日

@あきら

 今日の委員会は途中までメモをとっていたが、その後の質問が前の人と似ているんだか違うんだかよくわからなくなったのでだいたいの要点がわかったところで書くのをやめてしまった。時間の割に内容がうすいような気がした。
 職員も大変ですね、いろんなところで気をつかうから。他の課のことならかなりオープンに話してくれるが、自分の課のことだととたんに口が固くなることがある。それはどこも同じで、しかたないところもあるでしょう。
 市役所にはいい人材がいるし、職員には勉強熱心な人がいることもわかった。この人達を生かしきれていない理由のひとつには、古い体制(慣習)が考えられる。もしこれが原因だとしたら、いろいろからんで、複雑そうで、改善は難しいと思う。
posted by ドットさん | コメント(0) | トラックバック(0) | 1期生

2006年08月25日

@えり

 映画の勉強会(*)以来、一週間ぶりに伺いましたが事務所に着いて、やっと来れたなぁとほっとしていました( ´∀`)。
 午前中は領収書を整理して記帳する作業を任せてもらいました。私は自分の小遣い帳をつけるのにもひいひい言っているような人間ですので、サイズがバラバラな大量の領収書を渡されたときは、果たして私に処理できるのだろうかと心配になりましたが、牧野さんのおかげで助かりました。お金の出入からどのような活動をしているのかが見えるので、議員さんの活動を見渡せるいい機会を頂けたと思います。
午後は遂におなはし会なるものに連れて行ってもらいました。久美子さんのお話がステンドグラスのある空間で栄えてとても素敵でした。ビラ(**)を作るときにはよく分からず書いていましたが、「百聞は一見にしかず」―実際に見たことによって、このような素晴らしい会にビラ作りという形で関わることが出来て良かったと思いました。ありがとうございました。(石田)
*三宅さん講座「映画を通して20生世紀を見てみよう」に参加。
**「toyo−はなっし〜」100周年の夏を100箇所でお話会を楽しもう計画の一環で、ラムズイヤーホールお話会のちらしを担当。
posted by ドットさん | コメント(0) | トラックバック(0) | 1期生

2006年08月12日

@えり

 また新しい作業をさせて頂いて、今日も楽しかったです。でもお便りを配る機会を逃がしてしまったのは、行くのを楽しみにしていただけに残念で仕方ありません(u_u)o
 行政書士(*)との掛け持ちは体力的には大丈夫なのですが、やりかけの仕事を置いて行かねばならないので最近は欲求不満気味です。2時の制約さえ無ければ――とか、もっと最後までやりたかったのに〜(>_<)=3と思いながら事務所を去るのがツライです。有難いことにここで色々な経験をさせて頂いているし、時間内に出来る事を精一杯やれたらそれで良しにしようと思えば少しは気が済むかなぁ…(;_;)考え方次第で人の気持ちって180度変わりますもんね!!
 ではお出かけ、お気をつけて行ってきて下さいね(^-^)乂(^o^)ノ
(*)えりさんは、行政書士めざして毎日、三好校舎で受講中。インターン活動は月曜日と週末以外は、午後2時に切り上げ!です。
posted by ドットさん | コメント(0) | トラックバック(0) | 1期生

2006年08月09日

@えり

 きょう則子議員が「洋子さんが作ってくれたの〜」と見せてくださった本は素晴らしい本でした(^-^)色画用紙をちぎって作られていて温かい感じで、「あいうえお作文」も面白かったです(≧▽≦)
 その後財務課に行って16人の職員のうち女性は2人しかいないというのは意外でした。みなさん会議に行かれていたのに、この2人の女性職員だけは残って電話や来客の対応をしていました。ということは、会議に出ているのは男性だけ…。公務員は企業に比べ女性が働きやすいと言われますが、現実にはまだまだ厳しい職場ですね(_ _)
 最も私は条件がいいからとか安定してるからとかいう理由だけで職を選ぶつもりはありませんので…だから今日「公務員になりたいと言っているのは公務員にはなれん」という言い方をされたのはショックでしたΣ(-д-)上↑の理由のようにアマイ考えを持った人間は公務員にはいらないという意味だと思いますが、話をしていて「どうせ君もその類だろう」と思われている雰囲気を感じました。例えば、したい業務があるとか私の友人のようにとことん自分の生まれ育った市を愛しちゃっているとか、公務員志望の理由はみんながみんなそればかりではないので、現職の方にそのように思われていたら残念です。試験はきっと手強いんだろうなぁ…石を背負った気分でした。
 でも素敵なパン屋さんに行けたおかげで復活〜☆色々なパンがあってどれにしようかなと楽しくなってしまいました(^∀^ )パンはどれも美味しかったです。また母と行けたらいいなぁと思います。 
明日はお話会ですね。山内さんがどんな風になるのか楽しみです。また今度様子を聴かせて下さい(*´∀`)
posted by ドットさん | コメント(0) | トラックバック(0) | 1期生

@あきら

 議員の仕事は自分から積極的に活動しなければ、誰も教えてくれない大変根気がいる仕事で、自分は渡辺議員以外の議員がどれ程(どんな)仕事をしているのかあまりわからないから判断しにくいが、議員の仕事はそうそうまねできるものではないとあらためて感じた。
16時からの相談では、実際障害のある子供の何が必要なのか行政はあまり理解していないし、臨機応変さがないところに問題がある行政を、うごかすにはいろんなところとの連携が必要となる。そのため、議員の役割のひとつには人と人との関係をつくるパイプ役という重要な役割を担う存在であるので、行政への大きな力をつくっていけるといいと思う。
posted by ドットさん | コメント(0) | トラックバック(0) | 1期生

2006年08月04日

@あきら

 今日はだいぶ疲れました。いろんな人に親切にしてもらうのは大変うれしい、しかし、自分の記憶力ではどんなに後でメモしても一回あっただけでは時間がたつにつれて名前と顔が一致しないのが困ったところだ。次会う時に失礼のないようにしなければ!
今回のお話(講義)は女性はもちろんのこと男性にも聞せるべきだ。母親の苦労が少しはわかるだろう。
posted by ドットさん | コメント(0) | トラックバック(0) | 1期生
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。