2008年08月31日

まんまリズム初参加。

まんまリズム ありがた屋
8月21日(木)

・午前中、まんまリズムに初参加しました。
たくさん動くときいていたので今日は初ジャージ出勤でした。ジャージを着たのは約半年ぶりです(笑)。
 まんまリズムでは、ピアノの音にあわせて跳んだり、走ったり、ねっころがったりして運動したり、童謡をみんなで歌って、子ども達もお母さん方もとても楽しそうでした。私が母親になったら、家族で参加したいです(*^ω^*)。右手におかあさん、左手におとうさんで、今日のようにみんなで輪になって歌ったら楽しいだろうなぁと思います。

・3時半頃からはありがた屋へ。
牛乳パックを利用しておさかなの形をしたひしゃくをつくって水遊びをしました。おさかなのしっぽの部分はみんなそれぞれ自分で考えてつくったので、個性的なおさかながいっぱいできました。私は頭に耳をつけてくまさんみたいにしました(^ω^)。
 つくったひしゃくでみんな本当に素敵な笑顔で遊んでいるのをみて、私も子どもに戻りたくなってしまいました(笑)。


posted by ドットさん | コメント(0) | トラックバック(0) | 5期生

2008年08月23日

学校図書館訪問と市議会初傍聴

二川南小学校の図書館 ありがた屋にて「ABCであそぼ!」
8月22日(金)
 今日の午前中は、二川南小学校の図書館を視察してきました。本当に広く、明るく、子どもが本を探しやすくするために本棚も工夫されている素敵な図書館でした。でも一番に驚いたのは学校の図書館に司書の方がいらっしゃるということです!やっぱり、調べ学習などの際、子どもだけの力で適切な本を探すのは難しいです。小学生、中学生の頃、調べ学習は、本を見つけるよりもインターネットのほうがてっとりばやいので、どこの誰が何をみてかいたのか分からないものをこれが正しいと信じて、インターネットを使って宿題をしている子が多かったと思います。司書の方がたの存在は子どもたちの将来の図書館、本の利用方法にいい影響を与えてくれると思います。
 お昼ご飯は、初めて市役所の地下でいただきました。野菜があまり美味しくなかったです。
 その後は、初めて議会を傍聴してきました。豊橋文化芸術センターの建設に関する会議でした。国際交流の場となったり、青少年の芸術鑑賞力を育てることになったりと、魅力も幾つかあるものの、似たような建物を建てたところでは、騒音が問題となって結局取り壊しになったりなど問題もあるようです。なかなか難しくて眠くなってしまいました。
 そして、その後4時からはありがた屋にて、「ABCであそぼ!」をやりました。アルファベットのお歌を歌ったりゲームをしたりして、いろいろな年齢の子どもが楽しそうに英語を学んでいました。私も英語は好きです。大学では法律を専門に学んでいるので、外国語の授業は一年生で終わったため、今は独学ですが、英語とスペイン語を勉強してます。スペイン語を勉強しようと思ったきっかけは、私が、スペイン人の男性の方の顔が好きで、スペイン人の彼氏ができたらいいなぁと思ったからです(*^ω^*) 
 外国語は、使えば使えるほど楽しい学問です。是非、みんなが今日の「英語であそぼ!」をきっかけに、英語を楽しく学んでいっていけたら嬉しいです。

posted by ドットさん | コメント(0) | トラックバック(0) | 5期生

2008年08月16日

5期生 ドットさん活動開始

5期生・美崎里実
はじめまして。
 先週から渡辺則子議員のもとで、インターンシップ生として、勉強させてもらっています、美崎里実です。
 インターン開始、一週間目の今日は、まずNPOまんまの活動で豊橋市中央図書館へ行ってきました。初めて行ったのですが、想像していたより、広く、きれいで、何より児童書の数の多さに大変驚きました。こんなに素敵な図書館が、自分が子どもの頃、市内にあったなら、きっと、毎週、もしかしたら、毎日通っていたかもしれません!
 10時半から図書館の「おはなしの部屋」にて、主に乳幼児の子ども向けの読み聞かせのイベントがありました。約13組の親子が来てくださいました。子ども達みんな、スタッフの方の、絵本を読む声に聞き入っていたように思われました。絵本を一冊ごと読む合間に、親子でスキンシップをとるための軽い体操のようなものを、お歌を歌いながら行いました。子ども達はお母さんにぎゅうっと抱きしめてもらったり、優しいお母さんの歌声を聴いて、本当に幸せそうな顔をしていました。
 親子のスキンシップはもちろん、お母さん同士の交流の場としても、このような交流イベントの場を作ることは、とても大切なことであると思いました。私も子どもを持つようになたら、是非参加したいです。
また、午後からは「五並女性の会」の方々と、渡辺さんと共に、風力発電問題についての、お仕事に参加しました。実は、私は1週間前までは、「風力発電」=「環境に良い」というイメージしか持っていませんでした。・・・・・とんでもなかったです!耳からはっきりとは聞えてこない、低周波音によって、手足のしびれ、血圧上昇といった、いわゆる、”風車病”と呼ばれる健康被害や、周辺地域の農作物への被害など、問題が多く存在するのです。
 確かに風力発電には、発電時に二酸化炭素を発生しないなど、環境によいものかもしれません。しかしそれによって得られる利益よりも、住民の安全な暮らしの方が大事であると私は思います。
 このまま風車が建設されて、健康被害が起きてからでは遅いので、「五並女性の会」の方々は、これからも頑張って欲しいです。
 今日は本当に暑い中、ご苦労さまでした!

 写真:ありがた屋にて。美崎さんとコーディネータの村上さんとご一緒に。
posted by ドットさん | コメント(0) | トラックバック(0) | 5期生
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。